ローラーモジュール

どんなコンベアソリューションのニーズにも対応するトップローラーモジュールを用意しています。

搬送時にはローラーにブレーキがかかりますので、品物と作業者の安全が保証されます。 さらに安全性を強化するために、ローラーに指が挟まれないよう保護するガードが内蔵されています。

GuardCom System

GuardComは、固定コンベア間でのAMRによる品物の搬送方法を改革します。

光学式内蔵センサーには次の3つのタイプがあります:

ポジションセンサー

ロボットが固定コンベアステーションの前に適切に配置されているときのみに、パッケージがトップローラーから出たりトップローラーへ乗り込んだりするようにします

フロント カーゴセンサー

パッケージがトップローラーから出て、トップローラーへ乗り込むのを監視します。 ロボットが発進する前と搬送中に、パッケージが安全に乗り込むようにします

リア カーゴセンサー

パッケージのトップローラーからの転落を検出し、それを防ぎます パッケージが適切に配置されていない場合に、ロボットの発進を阻止します

TR125

TR125 Manual

対応ロボット機種:
MiR100/MiR200

ROEQの対応製品:
DS Standalone、GuardCom System

ペイロード:
TR125 Manual: 25 kg(MiR100 使用)
TR125 Manual: 125 kg(MiR200 使用)

サイズ: 925x580mm

高さ: 床からローラーまで: 660~860 mm ±3 mm

ローラーエリア: 890mm/485mm

  • コンベアの高さは、手作業で660mm~860mm ±3 mm の高さに設定できます
TR125

TR125 Auto

対応ロボット機種:
MiR200

ROEQの対応製品:
DS Standalone、GuardCom System

ペイロード:
TR125 Auto: 80 kg(MiR200 使用)

サイズ: 925x580mm

高さ: 床からローラーまで: 660~860 mm ±3 mm

ローラーエリア: 890mm/485mm

  • TR125 Autoにはシザー機構が内蔵されています
  • TR125 AutoはMiR200用のみとなります
  • TR125 Autoの高さはGUI上の各集荷/配送点に合わせて設定します
  • TR125 Auto はさまざまな高さで集荷と配送ができます
TR125 for Mir250 - ROEQ製トップローラー

TR125 Manual 250

対応ロボット 機種:
MiR250

ROEQの対応製品:
DS Standalone、GuardCom System

ペイロード: 125kg/ 275lbs

サイズ: 925×580 mm (36.4×22.8”)

ローラーエリア: 890×485 mm (35.0×19.1)

床からローラーまでの高さ: 600~800 ±3mm (23.6~31.5”±0.1”)

  • トップローラーの高さは手作業で設定可能です
TR125 for Mir250 - ROEQ製トップローラー

TR 125 Auto 250

   対応ロボット 機種:
MiR250

ROEQの対応製品:
DS Standalone、GuardCom System

ペイロード: 125kg/ 275lbs

サイズ: 925×580 mm (36.4×22.8”)

ローラーエリア: 890×485 mm (35.0×19.1)

床からローラーまでの高さ: 600~800 ±3mm (23.6~31.5”±0.1”)

  • TR125 Auto 250 にはシザー機構が内蔵されているので、高さを自動で調節できます
  • 各集荷/配送点の高さはGUIで設定します
  • TR125 Auto 250は、さまざまな高さでの集荷と配送が可能です

TR500

  対応ロボット 機種:
MiR500/MiR1000

ROEQの対応製品:
DS Standalone、GuardCom System

ペイロード:
MiR500: 500kg/1103lbs
MiR1000: 500kg/1103lbs

サイズ: 1435×938 mm

高さ: 床からローラーまで: 450 mm ±3 mm

ローラーエリア: 1390mm/820mm – サイドレールは取り外せますので、カーゴの両サイドを延長することができます。

工場内での重量物のロジスティックスのためのトップローラー。 TR500 を導入すると、積み降ろし作業と予定に従った集荷と配送タスクを自動化できます。

TR1000

対応ロボット機種:
MiR500/MiR1000

ROEQの対応製品:
DS Standalone、GuardCom System

ペイロード:
MiR500: 400kg/882lbs
MiR1000: 900kg/1984lbs

サイズ: 1435×1160 mm

高さ: 床からローラーまで: 450 mm ±3 mm

ローラーエリア: 1400mm/1050mm – サイドレールは取り外せますので、カーゴの両サイドを延長することができます。

工場内での重量物のロジスティックスのためのトップローラー。 TR1000 を導入すると、積み降ろし作業と予定に従った集荷と配送タスクを自動化できます。

ROEQのTR500自動トップローラー

TR500 Auto

   対応ロボット 機種:
MiR500/MiR1000

ROEQの対応製品:
DS Standalone、GuardCom System

ペイロード:
MiR500: 400kg/881 lbs
MiR1000: 500kg/1102 lbs

サイズ: 1435×938 mm (56.5×36.93”)

ローラーエリア: 1390mm/820mm (51.96×32.28”) – サイドレールは取り外せますので、カーゴの両サイドを延長することができます。

床からローラーまでの高さ: 545~795 ±3 mm (21.5~31.3” ±0.1”)

ストローク: 250mm/9.8”

  • さまざまな高さでの集荷とコンベアへの配送が可能です
  • プログラム可能なので高さが自動調整されます
  • 床からローラーまでの高さは可変
ROEQのTR1000自動トップローラー

TR1000 Auto

   対応ロボット 機種:
MiR500/MiR1000

ROEQの対応製品:
DS Standalone、GuardCom System

ペイロード:
MiR500: 300kg/660lbs
MiR1000: 800kg/1760lbs

サイズ: 1435x1160mm (56.5×45.7”)

ローラーエリア: 1320mmx1050mm (52.0×41.3) – サイドレールは取り外せますので、カーゴの両サイドを延長することができます。

床からローラーまでの高さ: 545~795 ±3 mm (21.5~31.3” ±0.1”)

ストローク: 250mm/9.8”

  • さまざまな高さでの集荷とコンベアへの配送が可能です
  • プログラム可能なので高さが自動調整されます
  • 床からローラーまでの高さは可変

AMRによる品物の搬送方法の改革

GuardCom System

GuardCom を導入すると、ROEQトップローラーを備えたMiRロボットと固定コンベアステーションの間のAMRによる品物の搬送方法の改革が可能です。

-GuardComの接続ならば、不安定なWiFi接続に頼るのではなく、 ROEQのトップローラーと固定コンベアステーションへ直接接続できます。 GuardComとAMRとのハンドシェイクはワイヤレス式で、実績のある堅牢なセンサー技術に基づいています。 これにより、AMRとコンベアステーションの間での安全で確実かつコスト効率に優れたハンドリングと搬送が可能となります。 通信はROEQのGuardComシステムとAMRに搭載されたROEQのトップローラーと固定コンベアステーションの間で行われるため、複雑なシステムの実装やサードパーティのシステムは不要です。

   対応ロボット 機種:
MiR100、MiR200、MiR250、MiR500、MiR1000

ROEQの対応製品::
TR125 Manual、TR125 Auto、TR125 Manual 250、TR125 Auto 250、TR500、TR500 Auto、TR1000、TR1000 Auto

GuardCom: 固定コンベアステーションに搭載

GuardCom Connect: ROEQトップローラーに搭載

GuardCom System

ご質問がありますか?

ぜひご自分の目でお確かめください