フォークリフトに代わる柔軟なロボット

ビジネス課題

多忙な工場の製造ラインの終端では、1分間に2台のペースでパレットに品物が積まれていきます。 これらのパレットは出来上がり次第、倉庫へと移動しなければいけません。 このような製造ラインのペースを保つよう、2人作業者がフォークリフトを運転しながら往復して出来上がったパレットを移動します。 時々、品物にダメージが生じます。 このようにして品物がダメージを受けると、会社の最終的な収益に影響を与えます。 そしてそれ以上に大切なのは、生産ラインに人間の労働者がいるので、フォークリフトが敷地内を速いペースで動き回ると危険が生じるかもしれないことです。 フォークリフトに荷物を積んだ状態では、運転手にとっての視界が十分でなく、工場内に同僚がいるのを見落として事故に繋がる可能性は非常に高いものです。

ROEQ+AMRのソリューションでは、生産ラインの終端から倉庫まで、ロボットがパレットを運びますので、安全性と効率を大幅に上げることができます。 ROEQ TMS-C300ExtまたはTMC300Extトップモジュールには、通常より長いパレット(最大1200mmまで)を積むことができるので、完成品を安全に倉庫まで運ぶことができます。 ロボットには固定ルートをプログラミングすることができますが、予期せぬことが発生してルートが遮られた場合には、ロボットには協調する能力が備わっているため、製造エリア内で品物と労働者の両方の安全が確保できます。 またこのソリューションでは、人間の作業者を移動の仕事から解放して他のタスクを行ってもらうことができるというわけです。

安全と優れた効率は、会社の最終的な収益に直接貢献し、ROIは通常1年未満です。

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

ニュースレター

Subscribe to our newsletter and be sure you get the latest news and invitations!